臭いがきついワキガにお勧めなのはデオドラントクリーム

わきがというと、今までは制汗スプレーが一般的でした。
スプレー自体に良い匂いがするので、汗のにおいをごまかしやすかったですしスプレー直後は幹部がヒンヤリするので汗を一時的とはいえ止めれるからです。
しかし重度のワキガだとこれじゃあ効かないんです。
しばらくするとスプレーの臭いとワキガが混ざって気持ち悪い臭いになったりします。

そこで重度のワキガは手術しか治らないとされていたのが最近はデオドラントクリームでかなりの改善が可能になりました。
ワキガ臭いが一番少ない状態の時に塗っておけば、ワキガの少ない状態が維持できるという便利なものなんです。
大抵は就寝前の入浴直後にデオドラントクリークを塗っておきます。
ワキガが軽い人ならこの1日一回だけでも十分ですし、重い人は起床時にもう1度クリームを塗ります。
これでもキツイ人は起床時にシャワーを浴びてワキをキレイにし、その上でクリームを塗ってから外出すればOKです。

朝準備万端にしておくだけで、帰宅時までワキガを抑えた状態を維持出来るんです。
帰宅してからはまた就寝前に入浴し、キレイにした直後にデオドラントスプレー、この繰り返しを行うことでワキガをほとんど感じないぐらいまで軽減出来ます。
即効性もあり、数日使用すれば効果を実感出来るのも特徴です。

ただ、効果があるとされるデオドラントクリームは一本5000円以上するものが多く高価なのが問題です。
しかしデオドラントスプレーも一本あたりの値段は安くても数本使えばそれなりの値段になりますし、効果も考えるとデオドンラントクリームを一度試してみるのがお勧めです。

わきがは気をつけることで臭いを軽減できる

私は思春期の頃からわきが体質で悩まされていて、父親もわきがだったので父からの遺伝でした。
わきが体質に気づいてからは、臭いを軽減させることが周りへのエチケットだと思い必死で手入れをしました。

市販されている一般的な制汗剤はわきが用ではないので、少しは効くけれども効果が低いように感じました。
私がやってみて良かったなと思うことは、わきが用のクリームを使うことです。
わきをきれいに洗った後で、クリームをつけて学校に行くと、臭いが軽減されていることを実感しました。

ただ一日それが継続するわけではなく、汗をかいたりするとクリームも流れてしまうので、塗り直したりする必要があります。
学校でクリームを持ち歩くことができないので、こまめに手入れすることはできませんでしたが、朝に塗るだけでも効果がありました。

ラポマインもおすすめです。

ラポマイン薬局

冬場はわき毛を伸ばしたままになったりすることがありましたが、わき毛があるとそこに臭いがこもってわきがの臭いは強くなってしまいます。
冬場でもわき毛を剃るようにしたり、夏場は家にいる時にはシャワーを浴びてシャツを着替えたりして、わきがに気をつけた生活をするようにしていました。

そのおかげか、わきがではありましたが周りにかける迷惑は減らせたと思います。